特集SPECIAL

つくね家マガジンの特集記事を配信していきます。

  1. 名古屋でつくねをお腹いっぱい食べるなら『つくね家グループ』
名古屋でつくねをお腹いっぱい食べるなら『つくね家グループ』
2017.09.21

名古屋でつくねをお腹いっぱい食べるなら『つくね家グループ』

まだまだ残暑はありますが、ずいぶんと秋らしくなってきました。秋といえば食欲の秋!食べ物が美味しい季節がやってきましたね。
つくね家でもそんな秋にふさわしい美味しい食べ物をたくさんご提供していますが、その中でもつくね家の看板メニュー「生つくね」を今回はご紹介したいと思います!

柔らかさとジューシーさに自信!

つくね家の生つくねはリピーターの方がとても多く、大変ご好評を頂いています。様々なご感想を頂戴しますが、その中でも一番多いご感想が「口当たりのよい柔らかさ」「噛んだ瞬間に旨みがジュワッと漏れるジューシーさ」、この二点です。おかげさまで世代を問わず支持されています。
つくね家ではこの柔らかさとジューシーさを極めるために、素材を探し続け、仕込みを試行錯誤し、ようやく今の生つくねの形に出会いました。毎日たくさんの本数が作られている生つくねですが、手を抜いたことは一度もなく、いかにお客様の元に美味しいつくねを届けるか、その一心で丹精込めてつくねを作り続けています。「つくね家の生つくねが一番」と思って頂けるために、つくね家はこれからも美味しさを追求していきます!

生つくねの素材は・・・?

つくね家では美食の国・フランスで食べられている鶏に注目しました。その鶏を日本でも味わいたい。そして提供したい。その一心からつくね家ではフランスの鶏種にこだわり、安全性と一貫した品質を保てるように、国際基準であるISO9002品質システムを取得しました。そしてフランスはもちろん、日本国内のあらゆる鶏種を探して試し、出会ったのが「みつせ鶏」でした!まだ加工食品でしか流通しておらず、精肉としては世に出回っていなかったみつせ鶏を、つくね家では直接仕入れています。みつせ鶏は栄養価の高いオリジナル配合の飼料や、発育日数に応じて移り変わる飼育環境の徹底的な防疫作業など、あらゆる過程において十分に配慮されています。その衛生管理システムで育まれた、安心と高品質なブランド鶏・みつせ鶏をきちんと管理できるのが、上述したISO9002品質システム取得済のつくね家の強みとも言えるでしょう。
1羽からたった50gしか取れないという、美味で貴重な部位を引き合わせた最高の素材が、九州からその日のうちに届けられます。みつせ鶏のありのままの食感が、つくね家の生つくねで楽しめますよ!

タイミングも大切にしています

みつせ鶏と出会っただけで、つくね家は油断していません。お客様の元に最高の状態で届けられるように、調理の方法にもこだわっています。ポイントは仕込みそれぞれの段階におけるタイミング、頃合いです。ふっくらとした食感、ジューシーさを損なわないように試行錯誤し、調理法を確立した今でも最大限の配慮を行っています。これはお客様に美味しい物を食べてもらいたい、そしておもてなしをしたという一心から、日々仕込みや調理を行っています。
生つくねがお客様の元に運ばれてきた時が一番の食べ頃です!
話に花を咲かせながら、できたての生つくねに舌鼓を打って下さいね!

生つくねの味は多種多彩!

生つくねは様々な味をご用意しています。シンプルなたれと塩。こちらはみつせ鶏の味をシンプルに楽しむことが出来るので、是非注文して頂きたい逸品です。その他にも20種類ほどの味をご用意しています!チーズ生つくね、ジェノバつくねなどの洋風の物から、柚子こしょう、自家熟成の味噌焼、特製月見つくねなどの和風テイストの物まで、幅広くご用意しています。不思議なことに、様々な味でも鶏の味はしっかりとするのがつくね家の生つくねの不思議なところ!これはみつせ鶏が高品質だから、鶏の味が調味料に負けていないんです。お好みに合わせて色々な味を試してみて下さいね。

いかがでしたでしょうか?つくね家の看板メニュー「生つくね」のこだわりは、胸を張ってご説明できるものなのです。これを読んで「生つくねを食べたくなってきたな」と思って下さった方がいらっしゃれば、つくね家としては本望です!ご来店お待ちしています!

つくね家グループ店舗一覧

おすすめ記事

  • twittertwitter
  • facebookfacebook
  • lineLINE

つくね家マガジントップに戻る

トップへ